就職・転職に有利な資格とは?グローバル時代を生き抜くためにスキルアップしよう!

就職・転職を考えるならまず今の自分をスキルアップさせる

 

就職に役立つ資格

 

このサイトは、これから就職・転職しようとしている人向けにどの資格を取ったらいいの?という疑問に応えるべく、ランキング形式で資格を紹介しています。

 

 

資格を取るだけでは、正直就職に有利になる・・とは言い切れません。
できれば今の仕事の延長で資格を取り、経験者として就職・転職の面接に挑んで欲しいと思います。

 

 

では未経験者は?って聞かれそうですが、未経験者の方は資格取得後、
アルバイト・パートでもいいのでどこかに勤めて、ぜひ経験者になってください。

 

 

2・3年は同じところで勤めたほうがいいです。うまくいけば、正社員になれますし、転職するなら
経験者として就職活動ができます。大手企業のアルバイトなどでは可愛がられると世話してくれることもあるとか。

 

 

長いスパンで目先で就職しないように、公的機関もうまく使いながら、就職・転職に余裕をもって挑んでください。

 

 

キャリアカウンセラーなど公的機関でただで受けられます。いろんなものを活用してこの就職難の時代を乗り切ってください。

今、人気の資格ランキング

 

簿記

簿記は、経理事務などに必要な資格であり、2級以上で評価対象となる資格となっています。
また、独立・起業を考えている方には、青色申告などするときにも役立つ知識と言えるでしょう。

 

>>資格の情報検索サイトで簿記の講座を調べてみたい方はこちら

宅地建物取引主任者

不動産資格ですが、業界に関係なくニーズの高い資格となっています。また、マイホーム購入や賃貸契約時にも役に立つので、人気の高い資格となっています。

 

>>資格の全国情報検索サイトで宅地建物取引主任者の講座を調べてみたい方はこちら

英語&英会話

今やグローバル化に伴って、その必要性も重要視されている英語ですが、日本においては、
英語教育が遅れているため、話せるというだけで重要視される人材となります。

 

>>資格の全国情報検索サイトで英語&英会話の講座を調べてみたい方はこちら

行政書士

 

会社にとって、法律を知っている人間がいるのは、強みとなります。その為、行政書士資格は昇進のカギだとも言われています。ただ、この資格だけでの独立は数も多いため営業力が問われます。

 

>>資格の全国情報検索サイトで行政書士の講座を調べてみたい方はこちら

第5位

シスアド(システムアドミニストレータ)

シスアド(システムアドミニストレータ)は、パソコンのスペシャリストです。IT関係の企業だけでなく、
今やどこの企業でも使われているパソコンだけに、どこの業界も必要としている資格です。
ただ、パソコンのこと知りたいっていうなら難易度があがりますが基本情報技術者を受けてみるのもいいかも。

 

>>資格の全国情報検索サイトでシスアドの講座を調べてみたい方はこちら

 

企業が求める資格ランキング

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

この資格は、エクセルやワードなどのソフトを使いこなす能力を計る検定で、パソコンを使用する企業においては、どこでも必要な資格となっています。

 

>>資格の全国情報検索サイトでMOSの講座を調べてみたい方はこちら

TOEICやTOEFL

英検に代表される英語力です。スキルが点数や級という形で見る事が出来るので、話せるだけでなく、こうした資格を取得しておくとアピールポイントとなります。

 

>>資格の全国情報検索サイトで英語&英会話の講座を調べてみたい方はこちら

簿記

社会人として簿記スキルは必要なものとされています。取引先との契約や、会社の金銭の流れを把握する上で必要なスキルです。

 

>>資格の情報検索サイトで簿記の講座を調べてみたい方はこちら

シスアド(システムアドミニストレータ)

仕事の流れを把握し、システムを改善する能力を証明する資格となります。特に文系が多い会社では一目おかれることもあります。逆に簡単だわっていう方は基本情報技術者を取得してもいいかもしれません。

 

>>資格の全国情報検索サイトでシスアドの講座を調べてみたい方はこちら

宅地建物取引主任者

不動産売買や交換が出来る資格であり、契約締結時に重要事項を説明するのが仕事です。人間が住んでいる限り、不動産売買はなくなりませんので転職にも役立ちます。

 

>>資格の全国情報検索サイトで宅地建物取引主任者の講座を調べてみたい方はこちら

 

 

将来需要があると思われる資格ランキング

 

高齢化社会を迎えるとあって医療系がランクイン!ですが夜勤などある職業ですので体力がものをいうと思います。

 

看護師

看護師国家試験に合格した看護師は、病院などの医療機関に勤務することが多く、実地のキャリアと継続的な卒後教育を経て、認定看護師、専門看護師となったり、保健師、助産師などへの道もあります。

 

>>資格の全国情報検索サイトで看護師のスクールを調べてみたい方はこちら

臨床心理士

日本では心理カウンセラー、心理セラピストなどの心理職には国家資格が存在しない一方、民間の心理学関連資格は多数存。臨床心理士は、知名度・取得難易度で最も高く、全国のスクールカウンセラーの資格要件です。

 

>>資格の全国情報検索サイトで臨床心理士のスクールを調べてみたい方はこちら

調剤報酬請求事務専門士

年々厳しく複雑になる調剤報酬改定に迅速に対応し、的確に算定及び説明が出来るのが調剤報酬請求事務専門士。調剤報酬のエキスパートとして薬剤師をアシスト。また保険薬局の円滑な運営にも貢献します。

 

>>資格の全国情報検索サイトで調剤報酬請求事務の講座を調べてみたい方はこちら

医療事務

レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成を中心に行う診療報酬請求事務。別名でメディカルクラーク、医療保険事務技能者、診療報酬請求事務従事者、医療事務員、医療保険事務員などとも呼ばれています。

 

>>資格の全国情報検索サイトで医療事務の講座を調べてみたい方はこちら

ケアマネージャー

介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行います。利用希望者や家族はどんな介護サービスを希望をするか面接し、どの介護サービスが必要かを査定。サービス&個別支援計画を作成します。

 

>>資格の全国情報検索サイトで介護福祉士のスクールを調べてみたい方はこちら

 

>>資格の全国情報検索サイトでケアマネージャーの試験対策を調べてみたい方はこちら

 

番外編 動物看護準2級

 

>>資格の全国情報検索サイトで動物看護準2級の通学講座を調べてみたい方はこちら

 

 

稼げる資格 人気ランキング

 

稼げると言われている資格ランキングです。ただ独立する場合は競争力が激しいので営業力または集客力がないとキツイかもしれません。弁護士や会計士は数が増えて昔ほど稼げないと言われています。

 

ファイナンシャルプランナー

顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などの情報提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行います。FPとも呼ばれています。

 

>>資格の全国情報検索サイトでファイナンシャルプランナーの講座を調べてみたい方はこちら

社会保険労務士

労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行など行います。会社を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導なども行います。

 

>>資格の全国情報検索サイトで社会保険労務士の講座を調べてみたい方はこちら

ケアマネージャー

介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行います。利用希望者や家族はどんな介護サービスを希望をするか面接し、どの介護サービスが必要かを査定。サービス&個別支援計画を作成します。

 

>>資格の全国情報検索サイトでケアマネージャーの試験対策を調べてみたい方はこちら

宅地建物取引主任者

不動産資格ですが、業界に関係なくニーズの高い資格となっています。また、マイホーム購入や賃貸契約時にも役に立つので、人気の高い資格となっています。

 

>>資格の全国情報検索サイトで宅地建物取引主任者の講座を調べてみたい方はこちら

中小企業診断士

コンサルティングなどは中小企業診断士でなくとも行うことはできるが、登録者には、国や都道府県が設置する中小企業支援機関に専門家として登録できる。経営コンサルタントとしての信用力もアップするメリットがあります。

 

>>資格の全国情報検索サイトで中小企業診断士の講座を調べてみたい方はこちら

 

番外編 不動産鑑定士

 

>>資格の全国情報検索サイトで不動産鑑定士のスクールを調べてみたい方はこちら